トップ «前の日記(2017-07-31) 最新 次の日記(2017-08-03)» 編集

書記長のひとりごと


2017-08-01 もう8月に入りましたが、スッキリしません。

雨が降ったり止んだりなんですが、山形は快晴と聞きますし、愛媛は37℃だったそうです。暑いのも嫌だなぁ(笑)

先週家族で旅行に行ってました。二人の娘夫婦に孫3人で総勢9人の旅行です。昨年末に産まれた孫はまだ8か月ですが、大勢の移動になるので、結構大変です。毎年行っているホテルは同じで娘たちが中学ぐらいまで行っていたホテルにここ5年ほど行くようになっています。子ども時代の写真と同じアングルで写真を撮りたがったりと、おそらく娘たちが一番はしゃいでいました(汗)

定期大会の議案書を作成しているところです。大方は7月の中執会議で決めたものですが、改めて見直してみると直すところも多く、修正がある度に中執に連絡して確認したりするので割と時間が掛かっています。

それでも中執からも意見が寄せられるようになり、中央執行委員会で提案する議案書らしくなって来たと思っています。

運動方針や要求は組合員に理解してもらわなければ闘争が組めませんが、まずは中執の中での理解が進まなければなりません。理解が十分でないと、そもそも「闘争に身が入らない」ことになりますから、この工程は重要です。

そんなに目新しい方針を展開している訳ではありませんが、それでも方向性は若干変えているつもりです。

定期大会でこの辺りのところを代議員に理解してもらわないと支部の足並みが揃わない事態になり兼ねないところです。

方針を掲げ、グイグイと引っ張って行くというよりは、組合員サイドに立った考え方で闘争を組んでいくことが大切です。古い言い方ではありますが、「一致団結」出来るように定期大会では丁寧な提案をしなければならないと思っています。「これで十分」ということはありませんから、何度も議案書については推敲を重ねることになります。

定期大会では、新しい体制も決めなくてはいけません。組合員の年代もどんどん若返っています。執行部も20代〜30代が中心になって来ています。「新しい労働組合としての在り方」も問われていると感じています。ここが踏ん張りどころですね。考え方は推移しても「働きやすい魅力ある職場づくり」という基本は変わらないものだと思います。