トップ 追記

伝 言 板


2019-11-13 ストライキ決意表明投票 賛成多数で批准! ストライキをしっかり構えて闘おう

病院側と労働者が対等平等に交渉するためのストライキ権

「ストライキ」と言っても、私たちは病院と対決したい訳ではないし、ストライキを打ちたい訳 でもありません。労働条件や賃金について話し合いがしたいだけです。大事なのは、きちんとした 話し合いを成立させるためには、「労使対等」の関係が欠かせないということです。 私たちは「雇われている」身なので、経営者よりも立場が弱く「労使対等」とは言えません。そ こで!私たち労働者側が団結し、ストライキを構えることによって、ようやく労働者と経営者が対 等の交渉のテーブルに着くことができます。

また、このストライキ決意表明投票の数字の高さが、要求実現への組合員の強い決意を病院に示 すことができます。

今回のストライキ決意表明投票で賛成多数を獲得したことは、要求を前進させるための大きな一 歩となりました。19秋闘では今後、第1回本部団交の翌日11月15日(金)に始業時から1時 間のストライキを予定しています。各支部でストライキを打てる準備をしっかり整え、団体交渉に 臨み、要求の前進を勝ち取りましょう!!


2019-11-04 今年度役員

今年度役員を更新しました。

2019年度役員名 および

各役員のあいさつを掲載しました。


2019-11-01 中央執行委員長あいさつ

この度、中央執行委員長に選出されました、東北中央病院支部の菅原秀明です。よろしくお願いします。

今回、中央執行委員長を引き受けさせていただいたのは、自分の考えの中に「頼まれごとは試されごと」という言葉を 大事にしているからです。これは「物事を頼む人は、どうでもいい人に頼むのではなく一生懸命やろうとする人間に頼むもの。 頼まれたら相手が想像している以上の行動を提供する。頼まれごとは、チャンスであり自分を試していることなのだ。」という考えで、 病院・県支部・宿泊のすべての労働組合員の職場環境の改善に取り組んでいきたいと思います。

今の話題は働き方改革関連法案により、年5日の有給休暇の取得が義務付けられたことです。 また、2020年からは有給休暇取得率の目標が70%になるようにしなければなりません。 これは組合活動をする上で、チャンスと感じています。

中々、取得できなかった有給休暇を公立共済本部や病院は有給休暇を取得させるために今、何が足りないのか考える必要が出てきたのです。 そのためには人員増員は必須であり、誰もが有給休暇を取得しやすい職場づくりをしていくためにも、 労働組合が一丸となって活動をしっかりやることが重要です。皆様の一人一人の力をお貸しくださいますようご協力お願い致します。

中央執行委員長 菅原 秀明


2019-10-10 看護部長あいさつ

公共労の大多数は我々看護師が占めています、よって看護師の問題が多いのは必然ではあります。

働き続けられる職場作りに大事なのは何でしょうか、定年退職を迎えなおかつ再雇用で働ける職場ではないでしょうか、 看護師は他の職種より圧倒的に中途退職者が多いです。到底現状では働き続けられない職場という事です。

他の職種の皆さんと並んで定年退職を迎えられる職場を作るためには、労使間の話し合いが大切になってきます。

夜勤回数月個人8日以内は守れず何十年も続いています、もうそろそろ月6回以内の協定じゃないですか?

年休取得に関しては与えらえた法定休日です。まずこれを完全取得して働き続けられる職場にしましょう。

交代制勤務においては正循環勤務の導入に向けて動き始めていますが、準夜ー休ー深夜の休みのあり方です。

とにかくこの勤務パターンを実行するなら、その休みを勤務免除日とする、即ち週32時間勤務です。

深夜勤後はできるだけ連休としたいものです。

公休だけで連休を設定することが難しい場合は、公休と有給休暇を併せて連休を設定する。

日勤ー日勤ー準夜ー休ー深夜ー休ー休

或いは

日勤ー休ー準夜ー休ー深夜ー休ー日勤

なんともエレガントな勤務表じゃないですか。これが働き続けられる職場の勤務表です。

要求獲得に向けて団結して頑張りましょう。

四国支部(前中央執行委員長)松岡和昭


2019-08-09 2019人事院勧告について(談話) 2019年8月7日 日本医療労働組合連合会 書記長 森田 進

2019人事院勧告について(談話)  2019年8月7日

日本医療労働組合連合会    書記長 森田 進

人事院は本日、2019年度の国家公務員給与に関し、官民較差「387円、0.09%」に基づく月例給の改定と、 一時金については0.05月引上げなどを柱とした勧告・報告を行った。

6年連続の引き上げ勧告で、総合職試験及び一般職試験(大卒程度)に係る初任給を1,500円、 一般職試験(高卒者)に係る初任給を2,000円引き上げることとし、以降、30歳台半ばまでの号俸についての改定で改善を行った。 そして、看護職(医療職掘砲畔〇秧Δ僚蘿さ襪1,900円引上げ、各号俸の引き上げ幅も一般職試験(大卒程度)より若干の上乗せを行った。 このことは、全産業平均よりも低い賃金水準に置かれている、看護職や介護職の賃金改善の必要性を認めた結果であり、私たちの運動の成果の反映でもある。 しかし、それでもなお医療・介護労働者の抜本的な賃金水準の改善には遠く及ばないと指摘せざるを得ない。

また、「給与制度の総合的見直し」によって賃金水準が切り下げられた高年齢層の賃金は据え置かれたままであり、 教育費や住居費負担の重い世代にとっては、生活悪化に拍車をかける改定内容である。安倍政権による誤った経済政策によって、  労働者の実質賃金は低下が続き、さらに10月からは消費税増税が国民生活に襲い掛かる現状の中では、勧告内容全体の水準が、 生活改善にはほど遠い引き上げ幅と言わざるを得ない。

一時金の改善分については0.05月引き上げたものの、人事評価制度を反映させる勤勉手当ではなく、期末手当に配分すべきである。 公平性・納得性のない評価による成績主義の強化は、チームワークや意欲を阻害するものであり強く反対する。

日本医労連は、19春闘で生計費原則に基づく大幅賃上げ要求をかかげて奮闘するとともに、人事院本院・地方事務局に対する要請も強めてきた。  こうした中で、政府も医療・介護職場の勤務環境改善や処遇改善の必要性に言及し始め、看護職や介護職について平均を上回る月例給の引き上げが勧告された。

しかし、医療・介護・福祉労働者の賃金は、他産業と比べても依然として低く、そのことが深刻な人手不足の要因にもなっている。

国民の医療・介護・福祉をまもるためにも、賃金水準の抜本的な引上げや大幅増員など労働環境の改善が必要であることを重ねて要求する。

勧告は、非常勤職員の処遇改善について、夏季休暇の新設にとどまり、極めて不十分な内容である。 労働者の約4割を占め、公務職場においても増え続ける非正規雇用労働者の処遇改善は切実な課題である。 今年の最低賃金改定目安額は、全国加重平均でわずか27円であり、政府が目標としている加重平均1,000円にすら遠く及ばないばかりか、 地域格差がさらに拡大した。 全労連最低生計費調査では、全国どこでも時給1,500円程度が必要との結果が出ている。 同一労働同一賃金、正社員転換など、非正規雇用労働者の賃金・労働条件の制度改善をさらに推し進めることを強く要求する。

定年制度については、定年年齢を65歳まで段階的に引き上げるとした、昨年8月の意見の申出を踏まえ、 段階的な引き上げを実現するための措置が早期に実施されるように改めて要請するとしているが、 定年引上げ時の処遇は、俸給月額や手当までも60歳前の7割水準に設定するなど、生活できる賃金保障とは言い難い内容である。 また夜勤などが行われる職種では、高年齢者の業務軽減措置が必要であるのにそれら特別措置を導入していないなど、私たちが指摘してきた問題点については変わらぬままである。 検討に際して当該労働者の要求はほとんど反映されておらず、基本権制約の代償の役割を果たしているとは言えない対応である。

さらに、今回の勧告では再任用職員の賃金改定は見送られており、60歳以降の労働者の働く機会を広げながらも生活改善には目を向けていない内容であると指摘し、 改善を求めるものである。

日本医労連は、民間労働者にも大きな影響を及ぼす公務労働者の処遇改善と、医療・介護・福祉労働者の権利を守り、 処遇改善を掲げてさらなる運動の前進をめざすとともに、安倍政権の改憲策動を許さず、共同を広げ、憲法をいかした社会保障の拡充、安全・安心の医療・介護の実現にむけ、 引き続き奮闘する決意である。 以上


2017-09-10 最後のひとりごとです。

訳あって、駒宮が「ひとりごと」を書くのは最後になります。

本当は、もう書かなくても良いか?と思っていましたが、この「ひとりごと」を読んでいる方の中には退職された方もいるので、きちんと結んでおこうと思ったので書かせていただいています。

定期大会がアウィーナ大阪で9月8日〜9日まで開催されました。中執+代議員+特別役員+看護部+青年部という大勢で賑わう活気のある大会が出来たことは、僕にとっても大成功でした。

公共労の活動の活性化は、地道な組合活動に拠るものだとは思いますけど、それとは別に活動する場を提供することも大切だと感じていました。僕が書記長を始めた頃は、大会での発言は殆ど無く、淡々と日程が消化されるだけでした。最近はようやく様々な意見が代議員から出るようになり感激していました。青年部の活動をそれこそ地道にやりながら、キャンプを計画するなどの実践を経て、堂々と意見を出す若い組合員を見て、「公共労はまだまだ頑張れる」と確信しました。

看護部は昨年からですけど、それぞれ活動に対する意識も出て来たと思うので、絶やさず、途切れることなく頑張って行って欲しいと心から願っています。

さて、公共労は「健康で働き続けられる魅力ある職場づくり」を基本理念としています(看護部はそれを「心身共に健康で、文化的な生活を送りながら働き続けられる魅力ある職場づくり」としました。実に素晴らしい!)。

(1)そのために一番大切なのは健康です。長時間労働を減らし、休暇を取得しやすい職場にすることです。そして、夜勤回数も減らしていかなければいけない。ということになります。

(2)そのためには人員を増やさなければいけない。離職を減らさなければいけない。つまり、今いる人たちの労働条件を改善する取り組みが必要になる訳です。

(3)労働条件を改善する取り組みを進めるためには労働組合の力を上げていかなければならない。

(4)その力を上げていくために、日頃からの組合員同士のコミュニケーションを大切にし、組織力を上げるために組合員数を増やしていくことが求められると同時に支部や分会の力を付けていくことになります。

運動方針には色々なことが書いてありますが、原則は「働き続けられる魅力ある職場づくり」です。一人一人の組合員に必ず寄り添って助けてあげてください。たった一人の組合員を助けるために労働組合が全力を挙げて闘ってください。「たった一人の組合員を救えない組合は、大勢の組合員など助けられません。」組合活動は苦しいこともあるかもしれません。でも、苦しいことばかりでは、決してありません。仕事よりも組合活動をする苦しみが勝ることはないですし、職場環境を少しでも改善するために労働組合があることを忘れないでください。

以前、中執をしていた看護師さんが「仕事が辛いからといって、何もしないで辞めていく人がいるけれど、そういう人は無責任な人だ。それでは、何一つ改善されず、次に入った人も辛い目に遭ってしまう」と言っていました。

勘違いして欲しくないのは、「自分たちの職場を守る。自分たちの仕事を守る。」ということは、施設側の顔色を伺いながら、うまくやることでは断じてありません。お互いが意見を出し合って、交渉によって改善を進めることです。

酷なことを言いますが、「頑張ってください。逃げないでください。でも、仕事に疲れた時は無理しないで休んでください。」貴方の健康と引き換えにして良いものは一つもありませんから!

今まで応援ありがとうございました。皆さんからの「「ひとりごと」を読んでいます。頑張ってください!」という声にどれだけ励まされたことか。心より感謝申し上げます。


2017-09-06 もう、大会は明後日です。

明日には大阪に行きます。公共労は、これからの1年間組合員の声を一層聞くことによって、組合員に寄り添った組合活動を目指すことを方針に掲げています。

「労働組合」という名前は少し重苦しい印象を与えるでしょうか?

労働者であるなら、自分が働く職場を良くしよう、良い仕事をしようと考えることは、僕にしてみれば「当然のこと」です。それが、労働組合でなければ出来ないと断言はしませんが、労働組合がそこで働く職員を守ることを使命とし、そこで働く職員の処遇改善をしようとするならば、組合活動に何らかの形で参加することに何の躊躇もないはずです。

よく、組合に加入しなくてもいわゆる非組でも、組合が勝ち取った恩恵を受けることに異を唱える人がいますが、参加して活動することに既に意味がある訳です。そして、「そこで働く職員を守る」ということに組合員も非組合員もありません。自分の仕事、そして職場を守ろうとしているんだと僕は思います。

組合活動は、辛いことばかりやっている必要はありません。組合員同士のコミュニケーションを図るために楽しいイベントも企画します。「お食事会」でも「お茶飲み会」でも何でも良いんです。みんなが集まりやすい企画を考えてください!

まずは、組合員同士が仲良くすることです。そのことが組合の団結を強くします。団結が強くなれば、自ずと解決の道は拓けていくはずです。

同じ職場でありながら、部署が違う、職種が違うというだけで全然知らないなんてことでは、職場を守ることなんて出来ません。


2017-09-05 そもそも、給料と言うのは・・・。

その人の能力、資格、責任の重大さに比例するものだと思うし、そうでなければいけないと思います。

卑下するつもりはありませんが、「事務の資格」というものはありません。いや、そりゃあ簿記の資格とかありますけど、そういう資格がなければ事務が出来ないということではないです。

医療事務とかは資格必要ですよね。医者も勿論ですけど、看護師や技師、薬剤師など資格が無ければ務まらない仕事が病院には多いです。

それなのに、彼らの給料はどうなのか?ということを思います。業務の過酷さなどから考えても「割りの合わない仕事」です。休暇もろくに取れない職場を少しでも変えて行かなければいけない。本当にそう思います。

まずは「疲れたら休める職場」にしないといけないし、昼休みもゆっくり取らせてあげたいです。僕にしてみたら「当り前」のことなのに彼ら、彼女らはそれを強く求めないです(汗)

「年休取得キャンペーン」を公共労はやっていますが、「別に休まなくても良い」という人が多くて、なかなか浸透しません。「休まなくても良いは勝手だが、そのために休みたくても休めない職場になっていることが問題なんだ!」と言い続けて、ようやく賛同する組合員も出て来ました。

「年20日休むなんて夢のまた夢」で終わらせてはいけないんです!

そして、もっと給料を上げることに真剣にならないといけないと思います。人員不足、募集しても集まらない、魅力のない職場ではダメです。外から見てもそうなんですから、辞めていく人も沢山います。今の自分たちの処遇を改善することを諦めてはいけないです。頑張りましょう!


2017-09-04 女性組合員が全体の8割います。

それが、公共労の組合員です。だけど、一部の支部を除いて殆どの支部が組合運動の中心となる三役は男性組合員です。

いえ、男性組合員が主であること自体に問題があるんじゃないです。看護師の8割以上がまた女性なんですね。看護師問題に取り組むとなれば、その実態を確かめなければならないけれど、女性組合員の声がなかなか聞こえて来ないです。せめて、もっと声を上げてくれれば有難いんですけどね。

この間、看護部としての活動を盛り上げようとして来ました。看護部の集会などをやると、看護師さんが集まり、職場の問題が沢山出ます。解決する方法、改善策は色々考えられるのに、動きが起こりません。

忙しい看護師さんたちは、なかなか組合活動に参加できません。だから周囲が日頃から話を聞いてあげて要求に一つ一つ積み上げていく必要があります。でも、それが出来ていないんです!

何故か?何故だ!何故でしょう?僕は答えが大凡分かっています。女性組合員の活動家?がなかなか育たない理由も分かります。僕は、それならば男性組合員は、女性組合員の声を代弁して要求を進めていくことが大切なんじゃないかと思います。女性は家庭のこともあり、育児や介護なども受け持ってしまうので、なかなか外に出られない、という状況は変えて行きたいと思っています。でも、外に出られる男性組合員が動かないでどうするのか!

女性部の確立も急がれます。何としても組合員比率の高い女性部をしっかりと作らなければいけないと考えています。


2017-09-03 一番大切なこと

先週から今週にかけて、3つの支部を回りました。支部によって事情は様々で課題もそれぞれあります。

今、やらなければいけないことも支部の状況でずいぶん違います。だけど、緊急性の高いことは「看護師を今の疲弊から救うこと」だと思います。もう限界を通り過ぎています。離職者が後を絶たないでいます。現在、勤務している職員の健康状態も決して良いとは思えないです。

「疲れ切っている」んです(泣)身体がきついのに休めず、胡麻化しながら勤務しています。「自分が休んだら、周囲に迷惑がかかる」そう思って、必死になって働いている職員を救わなければいけないということです。

結局は人員不足なんですが、人員不足の解消には時間が掛かります。業務を見直し、軽減して休ませてあげなければならないんです。募集をかけて埋める前に辞めていく職員に歯止めをかける、つまり現在の職員の勤務条件を良くしなければダメなんです。「無理しないでください!」みなさんの身体が一番大切です。